ライフカードビジネスライト スタンダードおよびゴールド情報まとめ【審査内容・特典・評判・メリット】

 

ライフカードビジネスライトは、本人確認書類のみで申し込みができる法人カードです。

 

法人の代表者や個人事業主の場合、法人向けのクレジットカードを利用することで経費削減や業務効率の向上が期待できます。

 

今回は法人代表者や個人事業主向けのクレジットカードであるライフカードビジネスライトについて詳しくご紹介します。

 

 

カードのポイント

 

ライフカードビジネスライト ゴールド

カード名

ライフカードビジネスライト ゴールド

申込対象者

法人または個人事業主

入会金

無料

年会費

10,000円(初年度無料)

限度額

200万円

支払いサイクル

当月26日・27日・28日・29日または翌月3日(指定金融機関によって異なる)

旅行傷害保険

最高1億円の保険が自動付帯

ショッピング保険

200万円まで

住所

神奈川県横浜市青葉区荏田西1-3-20

金融機関名

ライフカード株式会社

 

ライフカードビジネスライト スタンダード

カード名

ライフカードビジネスライト スタンダード

申込対象者

法人または個人事業主

入会金

無料

年会費

無料

限度額

200万円

支払いサイクル

当月26日・27日・28日・29日または翌月3日(指定金融機関によって異なる)

旅行傷害保険

なし

ショッピング保険

なし

住所

神奈川県横浜市青葉区荏田西1-3-20

金融機関名

ライフカード株式会社

 

個人事業主でも作れる?

ライフカードビジネスライトは法人代表者のみならず個人事業主の方も作ることができます。

 

スタンダードカードなら年会費も永年無料で利用できますのでまずはお試し感覚で利用してみるのも良いかもしれません。

 

法人・個人事業主どちらでも、本人確認書類のみでお申し込みいただけます。

 

また、会社設立や開業すぐでも申し込めるのがライフカードビジネスライトカードのメリットです。

 

 

特典

ライフカードビジネスライトの特典についてご紹介します。

 

付帯保険 ※ゴールドカードのみ

ライフカードビジネスライト ゴールドには旅行保険・ショッピング保険・シートベルト保険が付帯しています。

 

それぞれの内容は以下のとおりです。

 

  • 旅行保険・・・国内、海外ともに最高1億円。家族にも1,000万円の旅行保険が自動付帯
  • ショッピングガード保険・・・カードで買ったものが被害にあった際に、200万円まで補償
  • シートベルト傷害保険・・・シートベルトをしていて事故にあった際に、200万円まで補償

 

なお、ショッピングガード保険・シートベルト傷害保険は契約者本人のみですので、ご注意ください。

 

Visa優待サービス

ライフカードビジネスライトで国際ブランドVisaを選択した場合、Visaビジネスオファーと言う、ビジネスニーズに合わせてホテルの宿泊やレンタル会議室などをお得に利用できるサービスがついています。

 

また、Visaビジネスグルメオファーと言う、対象のレストランが電話1本で特典付きで予約できるサービスも利用できます。

 

MasterCard優待サービス

国際ブランドMasterCardを選択した場合は、MasterCardビジネス・アシストと言うビジネスにおけるマーケティング戦略の立案や経営効率のマネジメントまでさまざまな経営を支えてくれるサービスを利用することができます。

 

クラウド会計ソフトfreee(フリー)の利用

会計ソフトフリーは、経理や簿記の知識がなくても簡単に利用できる個人事業主や中小企業の方が使いやすい会計ソフトです。

 

ライフカードビジネスライトの利用明細を取得して帳簿を自動的に作成してくれるので業務効率のアップが図れます。

 

弁護士無料相談サービス

ライフカード提携法律事務所の弁護士に1時間無料で法律相談ができます。

 

福利厚生サービス

全国のスポーツジムや保養所を割引価格で利用することができます。

 

海外アシスタントサービス

海外旅行の際にカードの紛失や盗難の際の対応、さらにホテルやレストランの予約まで会員専用の日本語対応窓口にて快適な旅をサポートしてくれます。

 

旅行サービス

国内外の旅行をオンライン上で簡単に検索して予約できたり、好みの組み合わせで航空運賃をお得に予約できたりするサービスが利用できます。

 

旅行時にラウンジは使える?

ライフカードビジネスライトのスタンダードカードにはラウンジサービスは付帯されておりません。

 

ラウンジサービス利用されたい場合は、ゴールドカードを申込みましょう。

 

 

審査は通りやすい?

ライフカードは信販会社が発行するクレジットカードですので審査自体は比較的難易度が低いと言えます。

 

法人の場合は商業登記簿謄本などで会社の情報を得ることができ比較的審査がしやすいのですが、個人事業主の場合は事業実態が把握しにくいためほぼ代表者個人の審査だと思っていて良いでしょう。

 

代表者の今までの実績に問題がなければ審査は通りやすいと言えます。

 

ただし、

 

  • 過去に支払いが滞ったことがある方
  • 現在多数のクレジットカードを保有している方
  • キャッシングやカードローンなどの借入額が多い方

 

などは審査に通るのは難しい可能性があります。

 

利用していないクレジットカードがある場合は解約したり、カードローンなど返済できるものは完済したりしてから申し込むことをおすすめします。

 

メリット・デメリット

ライフカードビジネスライトのメリットとデメリットを紹介します。

 

メリット

  • 本人確認書類のみで申し込みが可能
  • ETCカードの発行も年会費無料
  • 従業員カードは3枚まで年会費無料
  • 最短4営業日で発行可能
  • 法人カードにもかかわらずリボ払いが可能

 

デメリット

  • ゴールドカードの年会費がライフカードゴールドビジネスより高い
  • 上限金額が200万円と低い

 

おすすめポイントまとめ

ライフカードビジネスライトは、決算書類不要で申し込めるので、会社を設立してすぐの方にオススメできるビジネスカードです。

 

また、法人カードには珍しいリボ払いが可能であることや、ETCカードも年会費が無料である点は評価できます。

 

なお、同じライフカードが発行しているライフカードビジネスと比べると、年会費が高い点や限度額が低い点がデメリットと言えます。

 

よって、まずはライフカードビジネスライトで信用を積み上げた上で、最終的にはライフカードビジネスやその他のカードに切り替えるのがおすすめです。

 

初めての法人カードを作る方にもバランスの良い1枚ですのでまずはお試しで作ってみましょう。