【個人事業主の事業費限定】プロミスのフリーキャッシング

プロミスのフリーキャッシングは個人事業主に限り事業費に利用することが出来ることをご存知ですか?

 

このページでは個人事業主の方に向けてプロミスのフリーキャッシングを利用する際のポイントや注意点をまとめております。

 

なお必要な書類が自営者カードローンと違うので、しっかりと読んでからお申込されることをおすすめします。

 

今だけのキャンペーン
初回利用時に「メールアドレス登録」と「Web明細」を選択!
それだけで、30日間無利息になるキャンペーンを実施中!



詳しくはこちらをご覧ください↓

 

自営者カードローンのポイント

借入限度額

~500万円

審査時間

1時間程度

年率(実質年率)

4.5%~17.8%

保証人の有無

不要

収入証明の有無

必要

返済方式

残高スライド元利定額返済方式

返済期間・回数

最終借入後原則最長6年9ヶ月・1~80回

担保

不要

 

審査の流れ

まずはこちらのページからお申し込みをいたします。

 

すると、提出書類をもとにして審査が行われ、メールや電話いずれか希望する連絡先に結果連絡が入ります。

 

審査にかかる時間は1時間程度とオペレーターの方が仰っていました。

 

その後、契約となりますが、この際にカードの有無を選択することが出来ます。

 

カードありを選択しますと契約書類やカードが郵送されますが、カードなしを選択すれば全てウェブ上で完結させることができます。

 

よって「家族にバレたくない」という方は、契約時にカードなしを選択するようにしてください。

 

即日審査の可否とその方法

即日審査・即日融資に対応しています。

 

プロミスのホームページ上では、審査について「ご希望により当日中のご利用も可能です」としています。

 

ただし、申し込み時間によっては当日利用ができない場合もあるため、急ぎの場合はなるべく早い時間に申し込みをするようにしてください。

 

即日融資をしてもらうためには、WEBで契約手続きをできることが条件となっています。

 

必要書類

  • 本人確認資料(運転免許証等)
  • 最新の確定申告書類
  • 取引先を確認できる書類 例:受注書/発注書/納品書/請求書/領収書/報酬明細に類する書類(発行日が直近1年以内のもの)

 

 

 

デメリット

即日審査・即日融資も可能とかなり使い勝手の良いプロミスのフリーキャッシング。

 

ですが、あえてデメリットを上げるとすれば、審査が終わるまで1時間程度かかってしまうことです。

 

テレビCMでプロミスは最短30分審査を謳っています。

 

ですが、個人事業主の審査の場合は確認する事項が多くどうしても審査時間が通常よりも長くなってしまいます。

 

ですので、余裕を持ったお申込みをするようにしてください。

 

このようなデメリットを持っていますが、それを補って余りあるメリットがあります。

 

自営者カードローン おすすめポイントまとめ

 

提出書類が少ない

他のビジネスローンですと、登記関係の書類などを求められる会社が多いです。

 

ですが、プロミスのフリーキャッシングであれば「確定申告書類」と「取引先の確認ができる書類」のみでお申込みが出来ます。

 

今はこれらの書類をパソコンで作っている方が多いと思いますので、必要であればすぐに取り出せるのが大きなメリットです。

 

即日審査・即日融資可能

上にも書いたように、審査時間はおおよそ1時間です。

 

よって、その日の早いうちに審査依頼をしておけば即日融資をしてもらえます。

 

もしその日の15時までに銀行で振込をしたいのであれば、午前中には申込みを済ませておくことをおすすめいたします。

 

利息が借りた日数分だけ

プロミスのフリーキャッシングは月単位の利息計算ではなく、借りた日数分で利息が計算されます。

 

たとえば20日に借りて30日に返したのであれば、10日分だけ利息を貼らば問題ないということです。