法人/個人事業主向けの無担保ローン、「ビジネスローン」を徹底攻略!

 

このページでは三菱東京UFJ銀行の「融活力」のおすすめポイントや審査内容、必要書類などを細かく紹介していきます。

 

 

「融活力」のポイント

買い入れ限度額 最大5,000万円
審査時間 5日程度
年率(実質年率) 2.35%~9.00%
保証人の有無 第三者保証不要 ただし、代表者1名の連帯保証必要
収入証明の有無 -(法人向けのローン)
在籍確認の有無 -(法人向けのローン)
返済方式 1ヵ月毎の元金均等返済
返済期間・回数 1ヶ月~3年以内
担保 原則不要

 

 

審査の流れ

融活力を初めて利用する場合、三菱東京UFJ銀行の店舗で申し込みをする必要があります。

 

申込みをするためには、最初に「借入申込書」を手に入れなければなりません。これはWEBサイトでダウンロード可能。

 

インターネット環境が無い場合、郵送で取り寄せることも可能です。

 

申込書記入後、店舗で申し込みを済ませます。

 

すると審査(5日程度)が始まり、審査通過の報告を受けると、再度店舗に行って契約することに。

 

契約後、3営業日以降の任意の銀行営業日に融資を受けることができます。

 

なお、既に三菱東京UFJ銀行と取引がある場合は、店舗に行くことなく郵送で申し込みをすることも可能です。

 

即日審査の可否とその方法

即日審査には対応していません。

 

三菱東京UFJ銀行の「融活力」の場合、審査にかかる期間について「5日程度」としています。

 

消費者金融のビジネスローンには最短即日審査のものもありますので、そういったローンとの比較ではスピード感に欠けます。

 

一方、審査に十分時間をかける分、最大融資額は5000万円と高額。

 

金利も低いので、時間に余裕のある方におススメのビジネスローンと言えます。

 

>>最短即日融資可能なビジネスローンを見てみる

 

必要書類

  • 税務申告書(直近2期分の「別表」、「決算報告書」、「勘定科目内訳明細」のコピー)
  • 商業登記簿謄本(発効後3ヵ月以内の履歴事項全部証明書)
  • 納税証明書

※融活力は法人のみが利用できるビジネスローンで、個人事業主は利用できません。

 

デメリット

三菱東京UFJ銀行の「融活力」のデメリットですが、前述した通り「即日審査」に対応していないという点があります。

 

「1日でも早く融資を受けたい」という方は即日審査してもらえるローンがオススメです。

 

三菱東京UFJ銀行に限らず、銀行系のビジネスローンは最大融資額が高額設定で、金利も低いという特徴があります。
一方で審査期間は長い傾向にあります。資金について差し迫った状況であるかどうかが、銀行系か消費者金融系のどちらを選択するかのポイントのひとつです。

 

最大融資額が大きい一方で、最少融資額は500万円から。
また、融活力は個人事業主を対象としておらず、法人向けのローンとなっています。

 

より少額の融資を受けたいという方や個人事業主の方は他のローンを探しましょう。

 

また、申し込み時点で税金の未納がある場合には融資を受けることができませんので注意が必要です。

 

>>最短即日融資可能なビジネスローンを見てみる

 

三菱東京UFJ銀行「融活力」 おすすめポイントまとめ

限度額最高5000万円

なんといっても、銀行系ビジネスローンの特徴は最大融資額の高さにあります。

 

1000万円以上の資金融資を希望している場合は、銀行系の一択です。

 

金利が安い(年率2.35%~9.00%)

消費者金融系と比較して金利が安いのも銀行系ビジネスローンのメリット。

 

支払総額まで気にして長期的にローンを組みたい方におススメです。

 

第三者保証不要、担保が原則不要

銀行系のビジネスローンは三菱東京UFJ以外でも取り扱っています。

 

ですが、第三者保証が不要で担保が原則不要のビジネスローンで最大5000万円という高額な融資が受けられるのは大きな特徴です。