常陽銀行 クイックJの評判・審査内容・即日融資の可否まとめ

法人/個人事業主向けの無担保ローン、「ビジネスローン」を徹底攻略!

 

このページでは常陽銀行の「クイックJ」のおすすめポイントや審査内容、必要書類などを細かく紹介していきます。

 

 

「クイックJ」のポイント

買い入れ限度額 100万円~1,000万円
審査時間 仮審査3営業日以内
年率(実質年率) 3.6%~12.1%
保証人の有無 個人事業主…代表者の保障については、「経営者保証に関するガイドライン」に即して検討した結果に応じて決定

法人…代表者の連帯保証必要

収入証明の有無 必要
在籍確認の有無 -
返済方式 ・期日一括返済(一括返済の場合は利息前取でお借入期間6カ月以内)

・分割返済(1カ月ごと利息前取)

・カードローンタイプ(毎月5日に前月分の利息を指定口座より引き落とし)

返済期間・回数 -
担保 不要

 

 

審査の流れ

まず、常陽銀行のホームページからインターネット上で必要事項を入力し、申し込みをします(FAXでも可)。

 

すると、3営業日以内に仮審査結果の連絡が入ります。

 

仮審査の承認を受けた後は、必要書類を持参の上、常陽銀行の支店にて正式申し込みをします。

 

その後、融資実行となり、分割返済・一括返済タイプの場合には指定口座に入金が、カードローンタイプの場合には専用カードが届けられます。

 

即日審査の可否とその方法

即日審査には対応していません。

 

常陽銀行の「クイックJ」の場合、審査について「仮審査3営業日以内回答」としています。

 

消費者金融のビジネスローンには最短即日審査のものもありますので、そういったローンとの比較ではスピード感に欠けますが、銀行ならではの低金利で借りられることは大きなメリットと言えます。

 

>>最短即日融資可能なビジネスローンを見てみる

 

必要書類

  • 直近の決算書1期分(原本)または、確定申告書(控え)
  • 代表者本人を確認できるもの(運転免許証、パスポートなど写真付きの公的書類)

※申し込みは、法人の場合は代表者、個人事業主の場合は本人に限る。

 

デメリット

「茨城・栃木・福島・宮城・千葉・埼玉各県に本社があり、事業を営んでいる法人および個人事業主」が貸し出しの対象条件となっています。

 

さらに、申し込みには以下の条件がありますので、注意してください。

 

  • 法人設立1年以上(個人事業主は営業1年以上)(青色・白色申告とも申し込み可)
  • 法人の場合、決算書の「資本の部合計(自己資本)」または「税引後当期利益」いずれかがマイナスでないこと

 

 

常陽銀行「クイックJ」 おすすめポイントまとめ

再融資はカードひとつで

カード型ローンを申し込んだ場合、ATMで手軽に融資を受けられます。

 

ある日突然、資金が必要になったとしても、会社近くのコンビニ等でも融資が受けられるので安心です。

 

原則無担保無保証

これはビジネスローンの基本的なメリットのひとつですが、融資を受ける際に担保は原則無くてもOK。

 

また、個人事業主であれば保証人も必要ありません。

 

資金使途自由

こちらもビジネスローンとしては一般的なメリット。

 

事業資金であれば、不動産取得資金等を除いて、使い道が限定されることはありません。

 

限度額最高1000万円

クイックJの融資限度額は最高1000万円。

 

無担保のビジネスローンとしてはかなり高い水準にあると言えます。

 

一時的に多額の資金を調達する必要性に迫られた場合でも安心です。
※ただし、カード型ローンの場合は最高500万円。

 

来店せずに申し込み可能

本来、正式申し込みの際は支店へ出向くことが必要です。

 

ですが「平日は忙しくて銀行に行けない」という方のために、常陽銀行の行員に事務所や自宅まで出張してもらい、そこで契約書類を記入することもできます。

 

この場合、支店に行くことなく契約手続きが可能です。