【保存版】事業融資に使用してもオッケーなカードローン

ATMを利用すれば簡単・スピーディに融資を受けられるカードローン。
ただ、個人向けに発行しているカードローンは、利用規約上、事業性資金には使えないものがほとんどです。

 

そこで、今回は事業融資にも使える便利なカードローンを紹介していきましょう。

 

なお、総量規制対象外のローンをお探しでしたらこちらのページをご覧ください。

 

>>総量規制対象外のおすすめのビジネスローンまとめを見てみる

 

目的別ローンとフリーローンの違い

銀行や消費者金融がラインナップしているローン商品は様々ですが、大きく分けると

  • 資金使途が限定されたローン(目的別ローン)
  • 資金使途が自由なローン(フリーローン)

の2タイプがあります。

 

目的別ローンはあらかじめ使う目的が設定されている、それ以外のものに使用することはできないローン。
代表的なものとしては、家を購入するための住宅ローンや車を購入するために使われるカーローン、結婚式費用として使われるブライダルローンなどがあります。

 

審査基準が厳しめであったり、審査に時間がかかったりするデメリットがある一方で、比較的低い金利で融資を受けることができるのがメリット。

 

そんな目的別ローンとは違い、融資された金額は「基本的に」何に使っても自由なのがフリーローン
金利は目的別ローンと比較して高めですが、その分、審査基準がゆるめで、スピーディに融資を受けることができます。

 

大手消費者金融は、使途自由のローンもラインナップ

上で「基本的に」と書いたのは、使途自由としつつも「事業資金や投機性資金、借入金返済には利用できない」という規約になっているものも多いため。

 

特に銀行がラインナップするフリーローンの多くは、こうした条件が付いています。

 

例として、三菱東京UFJ銀行の扱う多目的ローンの商品説明書から、資金使途の部分をピックアップしてみてみましょう。

 

以下のようになっています。

●さまざまな用途(非事業資金)にお使いいただけます。
※ただし、以下の資金使途はご融資の対象外となります(下記以外にも対象とならない資金使途もありますので、あらかじめご了承ください)。

  • 事業性資金
  • 投機資金、貴金属・ゴルフ会員権・株式購入資金、ストックオプション行使資金
  • 土地建物購入資金および関連諸費用
  • 税金、賠償金、慰謝料、係争関連費用
  • 他社等の借入返済資金 等

 

このように、銀行のフリーローンで事業資金を借りようと思っても、規約上融資してもらえないことがほとんどです。

 

では、仮に使用目的を偽って借り、後に事業資金に使用したことが判明した場合はどうなるのでしょうか。
規約にうたわれている文言を破ったわけですから、契約違反であることは間違いありません。

 

その上で、融資している金額を即全額返金するように言われることもあるでしょう。
もし支払えない場合は、信用情報機関にその情報が登録され、いわゆるブラックの状態に陥ってしまうことも。

 

今後の事業のためにも、「どうせバレないだろう」と思って、契約違反と知りながら嘘をついて融資を受けるのは絶対にやめましょう。
銀行のフリーローンが事業資金に使えない理由は、銀行としてはあくまでも「個人の信用」をもとに貸し出しているからであり、「事業の信用」をもとに判断していないからです。

 

では、フリーローンでは絶対に事業資金は借りられないのかと言うと、そんなことはありません。

 

大手消費者金融のフリーローンであれば、事業性資金であっても融資してもらえる商品が用意されています。

 

銀行のフリーローンと比べると多少金利は高くなってしまいますが、事業性資金をフリーローンで借りたいと考えた時は、銀行ではなく大手消費者金融の商品から探すようにしてみましょう

 

大手消費者金融なら、カードローンでも事業融資が受けられる

ATMで簡単・スピーディに融資を受けられる便利なカードローンですが、銀行系のカードローンはやはり「資金使途自由(ただし事業性資金には利用不可」と書かれているケースがほとんどです。

 

一方、消費者金融のカードローンは使途が「完全に」自由となっているものが多数
こういったローンを申し込めば、融資されたお金を事業資金として使うことができます。

 

消費者金融系のカードローン申込みに必要なのは基本的に、下記の2つ。

  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 所得証明書類(源泉徴収票など)

 

取得するのに手間はかかりませんし、審査自体も早いものでは30分を切るものもあり、非常にスピーディ。
金額次第では、所得証明が不要な場合もあります。

 

事業融資目的でなくても、持っておくといざという時に役に立つ1枚ですね。

 

事業性資金融資ならビジネスローンという手も

一般向けのフリーローンやカードローンの審査に通らないという場合は、ビジネスローンを利用するという手があります。

 

ビジネスローンとは、法人や個人事業主向けのローンのことで、銀行や消費者金融が取り扱っている商品です。

 

ビジネスローンは一般向けのローンと比較すると金利が高い設定の商品が多いのですが、それでも下記のようなメリットがあります。

  • 総量規制の対象外となる
  • 融資の上限金額が高額
  • 融資までがスピーディ(最短即日)
  • 原則、無担保・無保証

 

一般のローンと大きく違うのは「総量規制の対象外」というところ。

 

本来、貸金業者が個人に貸せるお金の総額は、年収の3分の1までと法律で決まっています。

 

ですが、ビジネスローンの場合、この規制を受けないのでより多額の融資が期待できるのです。

 

借入計画書の作成が必要となるなど一般のフリーローンと比べれば少し手続きが煩雑ですが、高額融資を無担保・無保証で受けられるのも魅力です。

 

>>総量規制対象外のおすすめのビジネスローンまとめを見てみる

 

ビジネスローンでも証書貸付とカードローンが選べる

ビジネスローンにも一般のローンと同じように、返済時期と金額をあらかじめ決めて融資を受ける証書貸付と、限度額の枠の中で自由に借り入れのできるカードローンの2種類があります。

 

大手消費者金融の多くは、この2種類をどちらもラインナップしています。
例えばオリコ(オリエントコーポレーション)のビジネスローンは、証書貸付タイプとして「法人&個人事業主専用証書型ローン ビジネスサポートプラン」を、カードローンとして「個人事業専用ローンカード CREST for Biz」という2つの商品を取り扱っています。

 

証書貸付タイプは、カードローンに比べて金利が安く、融資額も大きいことが特徴ですが、一方で手続きは少し面倒で、審査にかかる時間も長め。

 

カードローンは金利こそ高めですが、即日審査・即日融資も可能なスピード感が特徴
さらにカード発行後はATMを使っていつでも融資を受けられるという使い勝手の良さが魅力です。

 

必要な金額や今後の事業計画を考慮し、自社にあったタイプに申し込むようにしましょう。

 

まとめ

銀行系のフリーローンは、事業資金には使えないことがほとんどです。
そのため、事業資金の融資を考えた際は、消費者金融の取り扱うフリーローンの審査を申し込んでみましょう。

 

高額融資を希望する場合、総量規制の対象外となるビジネスローンがおススメ。
その中でも、短期的な融資であれば証書貸付タイプを。長期的に継続して融資を受けたいという場合はカードローンタイプを探して申し込むようにしてください。

 

>>総量規制対象外のおすすめのビジネスローンまとめを見てみる